2020年02月22日

2019年度の3大ニュース⁈

こんにちは。

すっかりご無沙汰しています。

さて早いもので、中学校生活も、もうすぐ終わろうとしています。

突然ですが、今年度の3大ニュースを取り上げてみたいと思います。

第3位!
「久しぶりのサマーキャンプ参加」

小学校高学年から、忙しくて参加できなかったキャンプ。

本当は参加したかったけれど、中学に入ると部活動も始まり、なかなか日程が合わなかったのです。

今回は、3泊4日のうち、予定がうまく合い、参加できることに!

初参加の同級生のお友達もでき、すっかり仲良しに。

休日もたまに、そういうお友達とも出かけて遊んでいます。

ここでしか巡り合うことのない、かけがえのない貴重なお仲間です。

…ありがたやありがたや。

そして、大きくなって参加すると見えてくる、様々な裏事情。

ちょっとここでは書けませんが。

そして第2位!
「ノートが真っ白!」
1歳の発症当時から、ほぼ欠かさず書いていた血糖ノート。

小6の時、記事にもしましたね。
6年間のまとめ②

中学になってからも、時折さぼりながら、一応記録はしていました。

…ところが。

2019年11月のノート。
200222ノート (1) (640x480)

あれ?11月7日に、血糖39 トレシーバ20 と書いてあるのみ。

因みにこの日は、寝る前血糖値39と低すぎたのに、「食べたくない~。」と寝てしまったわけです。
それで、トレシーバ21単位のところを1減らして20単位打ったというわけ。

翌朝は、血糖36。意識は普通でした。あははは。相変わらず危ない橋を渡っとるな。結果論ですが、もう少しトレシーバ減らしてもよかったかも。

これも、中学生になったからできる技。というか、むりやり食べさせられないし。

小学生までは怖くてやはり当然、補食を食べさせました。

しかし、思春期は、力づくでは対処できません。

それはさておき。

そして、次のページ。


200222ノート (2) (800x600) (640x480)


!ついに真っ白!

発症後、苦節14年。ついに!こんな日が来るとは

この日以降は、記録なしです

…いや~、だって、最近は、血糖値はリブレが記録付けてくれるでしょ。

インスリン量なんて、自分で大体把握していればいいわけで。

第3者に伝えるのは、外来で先生と話す時くらい。

例えば毎食時は、超即効型ノボラピッドを、朝-昼-夕に、8-8-10単位。
寝る前は持効型トレシーバ21単位。

ノボラピッドはその日によって量が変わるけど、まあ、そんなことは自分でわかっていればいいことで。いちいち記載する必要もなし。

ん?いいのかそんないい加減で!

と、お叱りの声が聞こえてきそう。…

スミマセン。まあ、十人十色ということで。うちはあくまで一つのケースです。許してくださいませ。

そしていよいよ。

第1位!
「トレシーバ2回打ち事件!」

え?何々?

長くなってしまったので、このお話は、次回に致します。




にほんブログ村 病気ブログ 小児糖尿病(1型糖尿病)へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
 


(↑ランキング参加中。クリックして下さるとうれしいです。)




2019年09月23日

リブレがはがれないために

こんにちは。ご無沙汰しております。

娘は、最近リブレをつけております。

部活動をすると、1日ではがれてしまっていたリブレ。

そこで、腕にリブレを貼った後、こんなものを貼ることにしました。

パッド190923

でかい絆創膏です!

リブレの本体も、しっかりパッド部分が隠してくれます。

これで、なんとか約2週間、もってくれています!

やった!

その前は、包帯を巻いたり、網包帯を使ったり、いろいろ試しましたが、直ぐはがれてしまって失敗。

今のところ、結局これが一番効果があります。




にほんブログ村 病気ブログ 小児糖尿病(1型糖尿病)へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
 


(↑ランキング参加中。クリックして下さるとうれしいです。)




2019年05月30日

ディズニーで注射器を捨てる場所

突然ですが、今年のお正月にディズニーランドに久しぶりに行きました。

多分、およそ10年弱ぶりかと…。

子供たちはディズニーランドは大好きですが、もう、お友達と遊びに行きますからね。

そこで、ちょっと驚いたことがあります。

トイレのごみ箱で、こんな記述を発見。

ディズニー

えええ~!!!

つまり、「注射器は、このごみ箱には捨てないで下さい。他のところに捨てる場所があります。」
という意味!

すごいっ!

注射器を持っているお客様のために、なんと親切な配慮!

昔はこんなのなかったぞうっ!

びっくりして、娘に言うと、
「そんなの前からあるよ。」と、あっさりスルー。

…そうなのか。ディズニーランドのような、グローバルな、お客様を大切におもてなしするようなところには、もうすでにずっと前から、こんなものが置いてあったのか!

まるで浦島太郎のような気分になった母。

この後、別のところで、注射器用のごみ箱を発見。
(周りに人がいて、さすがに恥ずかしくて写真が撮れなかった。トイレだったし。…スミマセン…)

結構感動的な出来事でした。


にほんブログ村 病気ブログ 小児糖尿病(1型糖尿病)へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
 


(↑ランキング参加中。クリックして下さるとうれしいです。)




chirorin1gata at 10:05コメント(0)
1型糖尿病 
記事検索
最新コメント